前へ
次へ

叔母が集めていた切手を売却したことについて

叔母は切手を集めるのを趣味としていて海外の珍しい切手や記念切手等を大量に所有していたのですが、その叔

more

珍しい切手があるなら買い取ってもらおう

自宅に眠っている珍しい切手はありませんか。記念切手や年賀切手など郵便局では限定でいろいろと出していま

more

切手の査定額を上げるために合い見積もりをする

切手買取ではバラで売るよりもシートの状態で売ると値が付きます。いくら古くて価値がありそうなものでも、

more

記念切手は直ぐに捨てるのではなく売却した方が良い

集めていた記念切手が不要になった場合には捨ててしまう人がいますが、これはとても勿体無いことで切手買取業者に売れば相当なお金が手に入ることもあります。もちろん全ての記念切手に価値がある訳ではなく中には殆ど値が付かないものもありますが、素人が勝手に切手の価値があるかどうか判断するのはとても危険なことです。所有している切手にどれ位の価値があるのか見極めるのは慣れてないと難しいので、勝手に自分で判断するのではなく専門の人によく診てもらうことが大切です。今では無料で鑑定をしてくれる業者が沢山ありますし中には出張鑑定を行っているところもあるのでわざわざお店に行く必要はありませんし、納得の行く額でなければ売らなければ良いので何も問題はないです。ですから今まで集めていた記念切手が不要になった場合には、直ぐに捨ててしまうのではなく先ずは切手買取業者に連絡をして鑑定をしてもらった上で判断するようにした方が良いです。

none

Page Top